コラム・更新情報

  1. トップページ
  2. 更新情報
  3. 採用事例紹介【野菜専門店が作ったドレッシングラベル】

採用事例紹介【野菜専門店が作ったドレッシングラベル】

「株式会社サン・フレッシュ様 野菜専門店が作ったドレッシングラベル」採用事例

今回は、新鮮な青果物を全国の大手百貨店様等40店舗にわたって展開している、株式会社サン・フレッシュ様のオリジナル商品「野菜専門店が作ったドレッシング」のラベルデザインをご紹介させていただきます。

新鮮野菜を専門とするサン・フレッシュ様が野菜をよりおいしく食べてもらう為に、野菜を主原料として旨味を徹底的に引き出したドレッシングです。

私もカレー風味のドレッシングをシーフードマリネにして頂きました。野菜の旨味とスパイスの効いた爽やかな美味しさで、他のドレッシングでは味わえない高級感のある味わいはまさに贈答用に最適で、今回ラベルをデザインさせて頂くにあたって、そのような特長が伝わるように工夫致しました。

 

クライアント様の要望

青果店のPB商品として、下記のご要望を伺いました。

・野菜を主原料としているオリジナルドレッシングという事を打ち出してほしい。

・贈答用として使えるように高級感を持たせたい。

オリヤスからの提案

・「野菜専門店が作った」というキャッチコピーを入れて、それぞれの野菜のイメージカラーを使い、ドレッシングの種類が一目で識別できるようにしました。また、売り場を華やかに演出する事も考え、カラーバリエーションで展開しました。

・ラベル上部の色をどの色相に対しても相性の良い「黒」にし、商品名は金箔押しを施し高級感も演出しました。また、黒と有彩色のコントラストで売り場での視認性を高くする事も考慮しました。

クライアント様の声

オリジナルドレッシングラベルをリニューアルした事によって、売り場にカラフルなコーナーを設ける事ができました。御使い物としても野菜と一緒にお買い求めいただける商品となりました。

デザイナーより

サン・フレッシュ様は私も普段から利用しており、いつもスタッフの方が親切に商品説明をして下さり、楽しく買い物をさせて頂いているので、気合が入りました。

今回の野菜ドレッシングは、野菜そのものを使った独自性のある商品です。それをいつも新鮮な野菜が魅力的に陳列されているサン・フレッシュ様の売り場にどのように馴染ませるかという事に焦点を当ててデザインいたしました。

生鮮商品(野菜果物)と調味料ボトルを同じ売り場に置いた時に、お互いに相乗効果を引き出せるようなデザインとは何かを考え、全ての有彩色との組み合わせに違和感のない「黒色」を基調としたものを考えました。ポイントなる商品名の部分は金色の印刷ではなく、金箔押しにする事によって高級感のあるボトルになりました。

お客様にもご評価をいただき、お役に立てたという達成感を実感できた事を嬉しく思っています。

今後もフレッシュな野菜果物とスタッフの方々の親切な対応のサン・フレッシュ様の美味しい商品を楽しみにしております。

 

この他にも弊社では様々なデザインを手掛けております。(その他採用事例はこちらから。)

オリジナルの包装資材をご検討の際はどうぞオリヤスへお問い合わせ下さい。